印刷系、DTP関連のデザイナー様にとっては当たり前の知識ですが
以外に知っている方は少ないカラーモード、RGBとCMYKの違い
今回はそのお話を致します。

カラーモードのRGBとCMYKの違いって?

RGBはパソコンやスマートフォン、TVなどのディスプレイ上で表現される、
赤、緑、青の3色を元にした加法混色です。

対してCMYKは印刷物を印刷するときに
シアン(水色)・マゼンダ(赤)、イエロー(黄色)に加えキープレート(黒、墨)
4色で表現する「減法混合・減法混色」です。

ご自宅にプリンターのある方はご存知かと思いますが、
プリンターのインクの色は4色です。
それこそが印刷で使われる色、CMYKの4色なのです。

最近ではペイントソフトも発達し、ペイントソフトでも名刺のデザイン、
作成が出来るほどです。
ですがペイントソフト等は基本はディスプレイの色、
RGBでデータは作成されてしまいます

RGBでデータを作ってそれを印刷して何の問題があるの?

ここでRGBでデータを作ってそれを印刷して何の問題があるの?
と思われるかもしれません。
それ以前に自分の作っているデータがRGBかCMYKかも分かって
居ないかもしれません。

RGBのデータをそのまま印刷して起きる問題

それは

CMYKに変換していないため紙に印刷時、色味が大幅にくすんだ色に
なってしまうことです。

先ほども描いたとおりRGBは3つの色の加法混色です。
対してCMYK、印刷は4つの色の減法混合・減法混色で表現されます。

つまり印刷時無理やり色を置き換えていることになるのです。

ではどうすればいいの?

Photoshopをお持ちでしたらRGBモードからCMYKモードに変換する。
それだけの話しです。
ですがRGBからCMYKに変換するとディスプレイ上でも色がややくすんでしまいます

まったく同じ色味には出来ないのです。

なので自分で名刺をデザインする際は最初からCMYKモードで作成をして下さい
そうするとPhotoshopかIllustratorで作るしかありませんが
PhotoshopでもPhotoshopElementsはRGBのデータしか作れません。

最後に

CMYKでのカラーモードでデータを作成し、
印刷をしても印刷にモニターと全く同じ色は出ません。

ですがRGBでなくCMYKでデータを作成することで
色味が大幅にくすむことはないのです。

RGB入稿も受け付けており、こちらでCMYK変換し色味も近づけますが
全く同じ色は再現できません。ご了承下さい。