営業マンのあなたは契約が取れないと、悩んでいませんか?

一度断られても信頼関係を築くため何度もいくことがありますよね?
ですが1,2度来たでは前来た営業マンだと名刺を渡していてもなかなかわからないものです。

営業で名刺を受け取っても、誰からか、どんな人からかはすぐ忘れてしまうものです。

特に企業側は営業は最初から断る前提で、名刺を受け取ります。

そしてリスト載せるために名刺はスキャンされそのまま捨てられます。

これでは何度も何度も訪ねて、顔で覚えてもらうしかありません。

ではどうすれば名刺を捨てられず、覚えていてもらえるか…

実は名刺の紙に少しこだわるだけで、印象にぐっと残るんですね。

センスの良い名刺は印象に残る

例えば名刺交換で、経費削減でコストだけを気にした薄っぺらくて安い出来のみすぼらしい名刺を渡されたとします。

その名刺を渡された時どう思いますか?

質の悪いみすぼらしい名刺では相当予算が無い会社なのかと思われたり、そこから話が盛り上がらず渡して終わりと言うことが多いです。

勿論名刺の中身、仕事内容等で話が広がることもあります。

ですが大体は渡して終わるパターンが多くあります。

名刺から話が盛り上がる、広がる要素として、「インパクトやセンスのある名刺を渡す」ことも1つ挙げられます。

インパクトと言っても無駄に派手だったり、職業にあっていない名刺ではマイナスになってしまいます。

職業に合ったインパクトやセンスのある名刺と言うことが大事です。

インパクトやセンスのある名刺を渡すと、

  • ・遊び心とセンスのある会社
  • ・細かいことまで気を配れる、しっかりしている
  • ・他とは違う名刺を渡すことでその名刺で顔まで思い出せる

と言った利点があります。

インパクトにが勿論デザインも大切ですが、会社によってはだったり装飾の多かったり、
最初からデザインが決まっている場合もあります。

そしてデザイナーに頼むと費用や時間がかかる場合があります。

ですがシンプルな文字だけのデザイン名刺でも簡単にインパクトやセンスのある名刺は作れるのです。

その1つとして「用紙にこだわる」ことです。

用紙一つで普段の名刺が見違えるほどインパクトが出て、センスのある名刺となります

そして受け取った側は紙の触り心地で「あっ」と思わず反応してしまいます。

そこから話が広がり契約に繋がることもあるのです。

たかが用紙、されど用紙で用紙一枚でインパクトやセンスに磨きがかかり、相手に印象が残る名刺となります。

そして「仕事ができる人」をアピールすることが出来るのです