営業で相手の印象に残るインパクトやセンスのある名刺を作る手段として、名刺の紙にこだわるお話をしました。

ですが「そうは言われてもどんな紙を使えばいいんだ?」と多くの方は思われるかと思います。

名刺のデザインによって使用する紙はそれぞれです。

ベタ塗りの多いデザインであれば、凸凹などで手触りに特徴がある紙は印刷にムラが出るためあまりオススメできません。

文字とロゴだけなど余白の多いデザインであれば、両面サラッとした手触りだったりツルっとした紙より、凸凹などで手触りに特徴のある名刺が向いています。

ここでは細かく自分の名刺のデザインがどの紙に向いているのか見ていきましょう。

文字やロゴマークだけのシンプルなデザイン名刺の場合

多くの会社様は文字とロゴマークだけのデザインが多いです。

その為シンプルすぎており、ありふれていて普通紙では埋もれてしまい印象に残りにくいです

ではどの紙なら印象に残るのか?
弊社では以下の用紙をおすすめしています。

ヴァンヌーボV

ヴァンヌーボ

印刷した部分は美しいグロスが乗り、上品な気品のある印刷物を作りたい時に使われます。
紙の表面は高級感のある凸凹した手触りの風合いで、中に空気を含み厚くて軽い仕上がりとなっています。

ツルッとした手触りでなく、やさしい手触りをしていて心地よい手触りです
名刺に高級感を持たせたい方にオススメです。

マーメイド絹

ヴァンヌーボ

マーメイドの最大の特徴は柔らかなフェルトマークの毛布で型押した凹凸です。
表裏どちらも凸凹が強い紙質で、触り心地のよく受け取る際すぐに手触りを感じられます

シンプルなデザインの名刺にオススメの用紙です。
触り心地で非常に印象に残りやすい高級紙です

しこくてんれい白

しこくてんれい白

しこくてんれい白は銀の繊維のようものを混ぜた模様が特長で、上品な色合いのファンシーペーパーです。
表面のみ、和紙の模様が付いているので裏面は何もなく真っ白です。

和を感じる用紙で、紙自体に模様が付いているのでシンプルなデザインの名刺にオススメです
また裏はケント紙でペンで書き心地の良い紙質です。
なので裏にメモ欄をつくったり、手書きでメッセージを添えるのに適しています。

吉祥紙

吉祥紙

吉祥紙は和紙風のファンシーペーパーですが、紙表面は塗工処理が施されています。
印刷した部分は光沢が出て、用紙の黄色みで渋い色合いに仕上がります。

吉祥」とは「めでたい兆し」「吉兆」などの意味があり、人様にお渡しする時に縁起のいい紙と言われています。
結婚式の席礼用紙などにも使われている、「おめでたい」紙です。

弁護士や議員の方の名刺にもよく使われています。
相手に敬意を示す際に、オススメの高級紙です

 

今回は営業名刺の中でも、シンプルなデザインに適している用紙をご紹介しました。
文字とロゴだけの名刺でも、用紙の手触りを加えるだけで随分と印象が変わります。

吉祥紙はお値段こそしますが、縁起のいい紙で営業先の方には喜ばれる名刺になります。

印刷の際、名刺の用紙にお悩みでしたら092-409-8228までお電話ください。
あなたのデザインや目的にピッタリの用紙で名刺を作成致します